【必見】尿酸値を下げるサプリランキング

尿酸値を下げるサプリとは?

尿酸の数値が7.0mg/dlを超えると。「尿酸値が高い」部類に入り、体内の尿酸の結晶化が始まります。尿酸値が高くなると、痛風・結石などのリスクも増加し、また、別の生活習慣病を引き起こしやすい状態になります。

 

数値をこれ以上上げない、今すぐにでも下げるためにも、尿酸値を下げる対策が急務です。まず、できることとして、

 

  • プリン体の多い食品を避け、アルカリ化食品を選ぶ
  • 水分をしっかり補給する

 

などに加え、アンセリンサポニンといった尿酸の産生を抑制し、排出を促す成分を積極的に摂ると効果的です。これらの成分は食品からは摂ることが難しいため、サプリからの摂取をおすすめします。

 

尿酸値サプリランキング

糖通打破の特徴

糖通打破は、尿酸値対策に有用な成分を多数配合したサプリメントになります。溜まった尿酸に働くサポニン・アンセリン・キャッツクローなどの成分を含み、同時に高血糖予防にも良いイヌリン・桑の葉エキス・ゴーヤエキスなどをプラスしています。さらに、ケルセチン・葉酸・カリウムなど血管に良い成分も含まれ、数値に不安を感じた、痛風対策したい…などの方におすすめです。

価格 2980円
評価 評価5
備考 アンセリン・サポニン・キャッツクロー・キクイモ・桑の葉エキス・ゴーヤエキス・ケルセチン・葉酸・カリウム

 

白井田七の特徴

白井田七は、突然くる痛風対策におすすめのサプリメントになります。無農薬栽培の希少な田七人参を原料とし、有用成分のサポニンを豊富に配合しています。添加物を使わず、田七人参と有機ゲルマニウムだけを粉末化し固めた打錠のため、安心して飲むことができます。

価格 3980円
評価 評価4.5
備考 田七人参(サポニン)・有機ゲルマニウム

 

慈凰の特徴

慈凰は、業界トップクラスのアンセリン配合量を誇るサプリメントになります。尿酸への働きが発見された海洋性アンセリンを1日分500mg含有。さらに、菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・クエン酸など幅広い成分をプラス。尿酸やプリン体が気になる方におすすめです。

価格 9800円
評価 評価4
備考 アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイドほか

 

尿酸値が高い原因は?

 

体内の尿酸というのは入れ替わりつつ一定量を維持していますが、この体内に蓄積されている尿酸の量を尿酸プールと呼んでいます。人間の体内では常に尿酸が作られ、そして排出されますが、その際に一日半分以上は入れ替わっており、一定量を超えないような仕組みになっています。

 

ただ、産生と排出のバランスが崩れることがあり、そうなると一定量以上になってしまい、それによって尿酸値が高まってしまいます。尿酸値が高くなるパターンは3つに分けることが可能になりますが、まず産生量が増加して排出量が変わらない尿酸産生過剰型、産生量はそのままで排出量が減少する尿酸排泄低下型、産生量が多く排出量が減少する混合型があります。

 

バランスが崩れ尿酸値が増加してしまいますが、7.0mg/dL以上になれば高尿酸血症となり、この状態が継続してしまうと痛風、尿路結石、腎障害、高血圧、動脈硬化などを引き起こしてしまいますので、出来るだけ早めに治療をするようにしましょう。

 

では、どうして尿酸の産生と排出のバランスが崩れてしまうのかというと、その理由はまず産生が過剰になるのはプリン体の多い食事、過食、飲酒、激しい運動、肥満、癌、遺伝、ストレス、外傷や熱傷などが考えられ、排出が減少するのは遺伝で腎の尿酸排泄低下、飲酒、激しい運動、肥満、腎臓の病気が挙げられます。これらのことに気をつけることによって尿酸値が増えるのを抑えることができますので意識した生活をするようにしましょう。

 

中高年は尿酸値が上がりやすい

 

尿酸値というとあまりなじみが無い数値かもしれませんが、中高年になると健康診断の結果、ここでひっかかる人が多くなってきます。

 

尿酸値が高いと痛風の発作が起こりやすくなり、一度発作が起こると、その後は長期に渡って発作の痛みと戦っていくことになります。痛風は非常に痛みを伴いますから、日常生活への影響も甚大なものとなるため、できる限り予防に努めるようにしましょう。

 

一般的に尿酸値の正常値の上限は7.0mg/dLとなっており、これを越える場合には注意が必要です。

 

尿酸値が高くなる理由は、プリン体を含む食品を多く食べている場合が多く、これらは一般的に高カロリーの食品が多いために贅沢病だと考えられていました。最近はそういった理由のほかにも、ストレスなどの要因も大きく関係することがわかっています。

 

尿酸値はまた、毎日変動するものですから、日によって多少は上下します。ですから、上記の上限値をちょっと越えたくらいなら、すぐに病気ということではありません。生活上の指導が入るくらいのものです。

 

尿酸値は激しく運動をした日には上昇しやすく、またタンパク質の摂取量が多くなると自然に尿酸値が高くなるようになりますから、特に運動量の多いスポーツマンタイプの男性は高くなる傾向があります。

 

正常値はいつも意識しておく必要があると思いますが、それ以上に自分の尿酸値を定期的に確認して、上昇していないかどうかにいつも注意を払っておくことが大切です。

 

甘い物は尿酸値が上がる?

 

最近、糖質制限ダイエットなどが流行っていますが、聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。糖分の過剰摂取は糖尿病のリスクも引き起こしてしまいますので糖質を控えることが推奨されていますが、甘いものに関しては糖尿病や肥満のリスクだけではなく、痛風のリスクもあるということをご存知でしょうか。

 

今では若い世代でも痛風になるという方がいらっしゃいますが、この痛風は多くの方を悩ませています。また、甘いものと聞くとお菓子などを想像するとは思いますが、基本的にお菓子に含まれている砂糖は二糖類であり、果物などに含まれている糖が単糖類になります。
これらは摂取すればエネルギーに変化しますので身体にとって必要なものではあるのですが、適量であればの話であり、過剰摂取すれば体内で脂質になり肥満の原因になります。それによって血液の状況を悪くして尿酸値を高めてしまうということになります。

 

ただ、甘いものを全く取らないというのはどうしても厳しいとおもいますので、とにかく意識をすることが大事になります。出来るだけ控えるということを意識するだけでも大きく変わってくるでしょう。とにかく過剰摂取しないということが重要になりますので底を意識すればいいですし、逆に食べないことでストレスが溜まると、そのストレスによって尿酸値を高めてしまうといったリスクが出てきますので、とにかく尿酸値のことをあらゆる方向から考えるようにしましょう。
また果物に関してはビタミンCが尿酸値を下げる働きをしますので、適度に摂った方がいいでしょう。

 

尿酸値を下げる食べ物

 

尿酸を下げる上で重要なのは尿酸の産生の抑制、そして尿酸の排出の促進になります。
食事をすることにより尿酸値の上昇を抑制するにはプリン体の多い食べ物だったりアルコールの摂取を控えるようにすることが大事であり、排出しやすくする為にはアルカリ化する食品を摂取するということが大切になります。

 

では、そんな食品はどういったものがあるのかについて説明しますが、まず尿酸を下げる食べ物として代表的なのが海藻類になります。わかめやひじき、そして昆布などを積極的に食べることをオススメします。色々な料理に使える食品ですので、一食に一品くらいのペースで食べてみるといいでしょう。

 

次に野菜類ですが、基本的に野菜の多くはアルカリ性食品となります。キャベツ、大根、人参、里芋、アスパラなど根菜類やイモ類など割とどんな種類を食べても尿酸値を下げるアルカリ化食品になりますので、野菜を使った料理などで尿酸値を意識するようにしましょう。
痛風にかかりやすい人の多くはジャンクフードは肉ばかりを食べるという場合が多いのでしっかりと野菜を食べるようにしましょう。野菜をしっかりと摂取することを癖付けるということが大事なことになります。

 

さらに果物によって尿酸値を下げることが出来ますが、その果物がバナナ、グレープフルーツ、メロン、いちご、りんご、さくらんぼ、みかん、ブルーベリーなどがいいと言われており、尿酸値を下げる理由はビタミンCが含まれているからといわれています。ただ、糖分の取りすぎには注意しましょう。

 

尿酸値を下げる運動

 

痛風の改善方法の一つに運動療法がありますが、どうして運動が痛風を改善してくれるのかというと、これは肥満を解消することが出来るからです。
そもそも痛風を発症する過多の多くは肥満体型であり、肥満だと痛風発症のリスクが高くなります。さらに肥満解消とういのは合併症の危険がある糖尿病などの生活習慣病を予防することもできます。

 

痛風改善するために、合併症を予防する為に、しっかりと運動療法を始めることをオススメします。さらに運動と一緒に痛風改善に効果的なサプリメントなどを摂取するということもオススメです。

 

では、運動療法といってもどういったことをすればいいのかというと、まず有酸素運動がオススメです。ウォーキングや水泳、ジョギングなどの有酸素運動をすることがよく、また20分以上は行うようにしましょう。やり過ぎないようにしてください。

 

また激しい運動はオススメできないのですが、その理由が新陳代謝が活発になりすぎたり、大量に汗が出てしまうと体内の水分が減少してしまい腎臓の負担になってしまい尿酸値が逆に高くなってしまいます。
さらに筋肉が疲労すれば乳酸が発生しますが、これによって尿酸の排出を抑えてしまう原因になりますので、適度な運動を心がけるということが重要になります。ただ運動をすればいいというわけではないということを把握していてください。

 

また、痛風改善する上でタイミングも重要になります。発作が起きていない時期を選ぶことは一番大事なことであり、そういう時期に運動をすれ損傷して締まるリスクが高まります。調子がいいときに運動はしましょう。また、運動する際にはしっかりと水分補給をするということも大切です。

 

痛風にお風呂は逆効果?

 

痛風というのは非常に強い痛みを伴う病気ですが、これは血中の尿酸値が高まることによって生じた関節部分への尿酸結晶が問題になって起こる関節炎の痛みです。

 

痛風については、お風呂が有効という話もあれば、よくないという話もありますが、これは一体どちらなのでしょうか。

 

痛風発作は、寝ている時や朝方などに症状が出やすいのですが、これはどうしてかと言うと、排尿行為が無いために、体内で生成された尿酸がそのままたまってしまうからです。ある程度は汗からも出て行きますが、それだけだと不足してしまいます。

 

痛風の際には、尿酸を出すことが大事なのですが、痛みがある発作時にはお風呂は基本的によくありません。関節炎の症状がより悪化することとなり、痛みをひどくしてしまう可能性があります。

 

お風呂に入り、血行が良くなれば汗もかきますが、汗の中に含まれる尿酸の量はそれほど多くなく、むしろ発汗によって水分が失われることによって、血中の尿酸値は高まってしまいます。ですから、汗をかくような入浴はあまり良くないのです。こういった場合はぬらしたタオルで身体を拭くなどして清潔な状態を保ちましょう。

 

しかし、温泉などの効能には時折「痛風」と書いてある場合もあります。
こういったものは、発作時ではなく、発作を起こす前の予防や、発作の間の状態であればある程度の有効性があるものと考えられます。ただし、これも上記の理由から、しっかり水分補給をしながら入浴することが必須の条件となります。

 

基本的に血行が良くなる腎臓の働きも良くなるので、尿酸の排出は進むようになります。問題となる水分不足を解消できれば、炎症症状が強く出ていない状態に限り、お風呂は有効なのです。